硬膜外麻酔使用時の針を体内に遺残した事例 | 九州・山口医療問題研究会 福岡県弁護団

硬膜外麻酔使用時の針を体内に遺残した事例

診療科目

その他

結果

訴訟前の示談

概要

硬膜外麻酔使用時の針が体内に遺残し、約13年後に発覚した。訴訟前の示談。

ページトップへ