インプラント埋入手術にミスがあった事例 | 九州・山口医療問題研究会 福岡県弁護団

インプラント埋入手術にミスがあった事例

診療科目

歯科・口腔外科

結果

訴訟前の示談

概要

転倒して右上1番の前歯が折れたため、インプラント埋入手術を受けたところ、インプラント体を深く、誤った角度で入れられたため、歯茎が欠損するなどの問題が生じた。歯肉移植術などを受けるが回復せず、インプラントは除去せざるを得ず、ブリッジ装着となった。訴訟前の示談。

ページトップへ