インプラント手術の適応判断等を誤った事例 | 九州・山口医療問題研究会 福岡県弁護団

インプラント手術の適応判断等を誤った事例

診療科目

歯科・口腔外科

結果

訴訟上の和解

概要

適応がないにもかかわらずインプラント手術を実施し、さらに通常よりも細いインプラント体を用いた結果、インプラント周囲炎及びインプラント体の破折により全てのインプラントを除去しなければならなくなり、咀嚼障害等の後遺症を遺した。訴訟上の和解。

ページトップへ