未破裂脳動脈瘤クリッピング手術中の手技ミスで脳梗塞を発症した事例 | 九州・山口医療問題研究会 福岡県弁護団

未破裂脳動脈瘤クリッピング手術中の手技ミスで脳梗塞を発症した事例

診療科目

脳神経外科

結果

訴訟前の示談

概要

髄膜腫摘出及び未破裂脳動脈瘤クリッピング手術の際、クリップミスにより脳梗塞発症。それに伴い、左不全片麻痺、脳梗塞後遺症、症候性てんかん、高次機能障害を遺した。訴訟前の示談。

ページトップへ