B型肝炎についての定期検査を怠った事例 | 九州・山口医療問題研究会 福岡県弁護団

B型肝炎についての定期検査を怠った事例

診療科目

内科系

結果

訴訟上の和解

概要

B型肝炎キャリアであった患者が乳がんの手術後、抗がん剤治療を受けていたが、B型肝炎についての定期検査を怠ったため、肝炎の治療開始が遅れて急性増悪をきたし、生体肝移植を受ける等したが、救命できず手術の7か月後に死亡した。訴訟上の和解。

ページトップへ