急性白血病の治療が適切に行われなかった事例 | 九州・山口医療問題研究会 福岡県弁護団

急性白血病の治療が適切に行われなかった事例

診療科目

内科系

結果

控訴審判決が確定

概要

急性白血病の発症が強く疑われる患者に対し、週明けに専門医療機関に転送する予定で何ら必要な治療を行わなかったところ、3日後に脳内出血で死亡した。専門医療機関への転送義務違反を認め、原告の請求を一部認めた控訴審判決が確定(判例タイムズ1256号掲載)。

ページトップへ