肝がんを見落とした事例 | 九州・山口医療問題研究会 福岡県弁護団

肝がんを見落とした事例

診療科目

消化器科

結果

訴訟前の示談

概要

C型肝炎に対する経過観察として半年に1回程度腹部エコーを実施していたが、エコーで異常なしと診断された。直後に別の医療機関で12×11㎝の肝癌が発見され、その後、肝癌破裂から死亡した。訴訟前の示談。

ページトップへ